キャットフード

高品質の総合栄養食キャットフード「モグニャン」が栄養たっぷり!

・ドライフードを全然食べてくれない
・添加物だらけのエサは健康が心配
・健康的だけでなく美味しいキャットフードを愛猫に食べさせてあげたい
・どのフードが健康に良いのか分からない

と悩んでいる愛猫家に向けて今回は本記事を書いていきます。

飼い主は可愛い愛猫が少しでも健康でいてもらえたら嬉しいと考えていると思います。

いくら食いつきが良くても添加物まみれの低品質なキャットフードを食べさせたくないはずです。

しかし、健康的なキャットフードは猫の食いつきが悪いことが多く、せっかく買っても全く食べてくれず無駄になってしまうことも珍しくありません。

理想は、健康的でかつ美味しいキャットフードを食べてもらうことです。

プレミアムキャットフード「モグニャン」

キャットフードに悩んでいる飼い主にぜひ試してほしいのが「モグニャンキャットフード」です。

モグニャンは着色料・香料の添加物が一切使われていない猫の体を考えて作られた高品質なキャットフードです。

ペットフード通販専門の株式会社レティシアンが生産現場のイギリスに何度も運び1年以上の歳月をかけてオリジナルのキャットフードになります。

猫の食欲をそそる香りと味わいを両立し、人間が食べても大丈夫なほどの上質で新鮮な食材をこだわって使用し作られています。

猫にとって不要なものを可能なかぎり排除し、粒の固さまで徹底的に調整された極上のキャットフードです。

全猫種・オールライフステージ対応

モグニャンは全猫種、赤ちゃんから高齢猫までオールライフステージが安全に食べられるフードになります。

一般的なフードになると対象の年齢・ライフステージが決まっていますが、モグニャンはどんな猫に対しても健康でいられるよう栄養バランスが整っています。

多頭飼いで様々な種類の猫を飼っている家庭はモグニャン一つで健康管理ができるので非常におすすめです。

原材料・成分

モグニャンの原材料・成分は以下のとおりです。

原材料

白身魚63%
ビタミン類 (ビタミンA、ビタミンD、 ビタミンE)
サツマイモ
エンドウ豆
ビール酵母
サーモンオイル
ひよこ豆
オリーブオイル アマニ アルファルファ
レンズ豆
ヒマワリオイル フィッシュスープ
バナナ
リンゴ クランベリー
ミネラル類 (硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛 一水和物、硫酸マンガン一水和 物、硫酸銅(II)五水和物、亜セ レン酸ナトリウム)
カボチャ
セイヨウタンポポ

成分
粗たんぱく質 30%
脂質 16%
粗繊維 3.5%
粗灰分 8%
水分 7%
オメガ6 1%
オメガ3 2.1%
エネルギー(100gあたり) 約365kcal

成分に含まれているオメガ3とは、健康維持するために摂りたい成分と注目されています。

体内で合成できないので何らかの形で口から摂取しないといけないのですが、モグニャンはオメガ3が含まれた食材を多く使われています。

高タンパク質・グレインフリー(穀物不使用)

猫は完全肉食動物なので健康を維持するために、動物性たんぱく質の摂取を必要とします。

モグニャンは安全で新鮮な白身魚を63%以上も贅沢に使っている高タンパク質のキャットフードです。

白身魚は低脂肪で消化吸収も良いので優れたタンパク源として注目されています。

また、モグニャンは穀物が一切使われていません。

穀物とは米・とうもろこし・小麦・大麦・大豆などの穀類のことです。

猫は穀物を消化しにくく腸に負担がかかってしまうので、最近はグレインフリーのキャットフードがトレンドとなっていて、様々な企業がグレインフリーを売りにした商品が市場に出回っています。

ただし、グレインフリーについては「猫の体に良い」という医学的な根拠があるわけではありません。

獣医師もグレインフリーの良し悪しを明確にできていないので、一つの特徴として認識しておくのがいいと思います。

私としては、特定の穀類がアレルゲンの猫はたくさんいるので、グレインフリーのキャットフードは良いと考えています。

根拠がないため穀物が含まれたキャットフードが危険とは言えませんが、ほとんどのキャットフードはコストを抑えるために原材料に穀物を加えています。

飼っている愛猫にアレルギーがあった場合、穀物がたくさん含まれたキャットフードを与えることは、それだけリスクもあるということを意識しましょう。

1日の給与量

子猫と成猫に1日で与えるエサの量はこちらをご覧ください。

子猫
体重 1日の給与量
〜 2ヶ月 35 〜 50g
2 〜 3ヶ月 50 〜 60g
3 〜 4ヶ月 60 〜 70g
4 〜 6ヶ月 70 〜 80g
6 〜 10ヶ月 80 〜 90g
10 〜 12ヶ月 90〜 100g

 

成猫
体重 1日の給与量
〜 2.5kg 35 〜 45g
2.5 〜 3.5kg 45 〜 55g
3.5 〜 5kg 55 〜 70g
5 〜 6.5kg 70 〜 85g
6.5 〜 8kg 85 〜 110g
8 〜 10kg 110〜 130g

90%以上の獣医師がおすすめ

2017年5月の日本先端医療医学会調べで「グレインフリーのフードを愛猫家にすすめたいですか?」という質問に対して、92%の獣医師が「食べさせたい!」と回答しています。

さらに、「モグニャンキャットフードを猫に食べさせてみたいですか?」という質問に対しては、88%が「すすめたい」と回答しています。

実際にモグニャンを購入した愛猫家の93.9%が継続して使っていきたい回答しているので、獣医師だけでなく愛猫家からも評価されているキャットフードです。

値段・送料

モグニャンの値段は次のようになっています。

1袋あたりの値段 通常価格と比較 補足
通常価格 3,960円(税抜) -
3袋以上(10,000円以上)購入すると送料・代引き手数料無料
定期1袋 3,564円(税抜) 10%OFF
定期2袋以上 3,366円(税抜) 15%OFF
定期6袋以上 3,168円(税抜) 20%OFF

通常価格は3,960円ですが、定期購入にすると最大で通常価格から20%OFFとなります。

定期はお届け周期・お届け個数をいつでも変更できるので、使用ペースに合わせて自由に選べます。

休止・解約は次回のお届け日の7日前までに連絡すれば可能です。

送料・代引き手数料は3袋以上(10,000円以上)購入すると無料になります。

高品質なキャットフードなので、平均的な商品と比べると値段は高いかもしれません。

ただ、愛猫が長生きするには健康を一番に考えてあげることが重要です。

猫の寿命は平均15年と言われていますが、キャットフードの進歩もあり、最近は20年以上生きることも珍しくありません。

ペットではなく、立派な家族の一員として考えると高くない食事代だと思います。

まとめ

プレミアムキャットフード「モグニャン」を紹介しました。

特徴をまとめると

モグニャンの特徴

  • 全猫種・オールライフステージ対応
  • 高タンパク質
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 90%以上の獣医師がおすすめしたい回答
  • 90%以上の愛猫家がリピートしたいと回答

多くの愛猫家が絶賛しているモグニャンは、健康的だけでなく、猫の食欲をかきたてる香りを研究して作られた高品質のキャットフードです。

「猫に健康でいてもらいたい」「1日で長く生きてほしい」と考えている方は食事を大事にしましょう。

添加物だらけのキャットフードから卒業して栄養バランスの良いモグニャンで猫の健康管理を始めることをおすすめします。

ドライフードに食いつきが悪い猫も「モグニャンはパクパク食べてくれた」という口コミもあるので、飼っている猫がドライフードを食べてくれないようでしたらモグニャンに替えてみてはいかがでしょうか。

今回は以上です。最後までありがとうございました。

おすすめのキャットフードTOP3

1位 プレミアムキャットフード『モグニャン』

モグニャンの特徴

・獣医師の90%が「食べさせたい」と回答
・90%以上がリピートしたい回答
・白身魚63%以上
・グレインフリー(穀物不使用)
・着色料・香料不使用
・猫にとって不要なものを極力のぞいてる

2位 シンプリーキャットフード

シンプリーキャットフードの特徴

・全世界累計100万袋以上
・高タンパク
・グレインフリー(穀物不使用)
・着色料・香料不使用
・猫の食欲をかき立てる厳選食材
・偏食の猫でも食べてくれやすい

3位 HAPPY CAT

HAPPY CATの特徴

・ペット先進国ドイツでプレミアムフード売上No.1
・高タンパク
・グレインフリー(穀物不使用)
・着色料・香料不使用
・原材料の80%以上は地元契約農家から新鮮なものを直接仕入れ

-キャットフード
-

Copyright© 猫孝行 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.