ペット葬儀

愛猫が亡くなったらどこに埋めたらいいの?埋葬する時の注意点!

こんな方におすすめ

  • ペットが亡くなってしまってどうしたらいいかわからない
  • 土に埋める時に気をつけることを知りたい
  • ペット葬儀をしてあげたい(今すぐも可)

大切に飼っていた愛猫が亡くなってしまったり、今飼っている老猫の元気が無く、そろそろ看取る準備をしなくてはいけないとお困りの方に向けて本記事をお届けします。

いざ愛猫が亡くなってしまった時に遺体をどどうしていいか分からず悩む方も多いと思います。

遺体の処理を正しくするのは飼い主として最後の仕事ですので、今回は愛猫が亡くなった時にどうしたらいいのかを紹介します。

パンチ猫
参考にしてね。

土葬か火葬が一般的

土葬の場合は埋葬する場所として一般的なのが自宅の敷地内です。

また、埋める時は50cm以上の深さの穴を掘って遺体をタオルに包んで埋めてあげてください。

パンチ猫
タオルは土にかえります。

もし土葬が難しいようでしたら火葬するのがいいでしょう。

火葬をしてあげたい方は、この後紹介しますが、火葬から埋葬を行なってくれる「ペット葬儀」のサービスを利用するといいでしょう。

絶対に埋めてはいけない場所

土葬をする時に絶対に埋めてはいけない場所があります。

埋めちゃダメ!

公園
空き地
他人の土地
など...

当たり前ですが、公共の敷地内だったり、他人の敷地内に勝手に穴を掘って遺体を埋めることはしてはいけません。

自分の敷地内に埋められない身勝手な飼い主が平気で、上記のような場所で埋葬しますが、それでは愛猫が浮ばれません。

あと、賃貸物件にお住まいの方は、物件の近くに埋めると後々トラブルに発展することも珍しくないので、ご注意ください。

そのため、賃貸物件に住んでる方が多い都心部では火葬が大多数です。

大好きな愛猫なのですから、正しい場所で正しい方法で埋葬してあげてください。

パンチ猫
自分が後悔するから気をつけよう!

ペット葬式

愛猫を火葬をするならご利用シェアNo.1(楽天リサーチ)、お客様満足度98%以上(満足度調査より)の「ペット葬儀」に依頼しましょう。

ペット葬儀は、ペットのお引き取りから個別火葬までを行なっています。

日本全国24時間365日受付中なので、早朝・深夜でも即日対応してくれます。

今すぐ葬儀をお願いしたい方でも対応してくれるのが特徴です。

悪質な業者だと火葬が始まってから追加で高額な費用を要求してきて、それを拒否すると骨を渡してくれなかったり、普通では考えられないことをしてくるので、必ず安心できる業者に依頼しましょう。

そういう意味ではペット葬儀は安心して火葬をお任せにすることができます。

プランは3種類

プラン3種類あるので次の表をご覧ください。

各種プラン
火葬方法 火事場での合同火葬 火葬車での個別火葬 火葬車での個別火葬
所要時間 お引き取り時間のみ お引き取り時間のみ 各種火葬時間
お立ち会い お立ち会いなし お立ち会いなし お立ち会いとお骨上げ有り
埋葬方法 当社提携霊園へ埋葬 埋葬無し
※霊園へ埋葬も可
埋葬無し
返骨 ご返骨無し 骨壺を骨袋に入れて返骨 骨壺を骨袋に入れて返骨

料金はペットのペットの種類や葬儀を行う地域によって変動するので、ここではお答えすることができません。

そのため、料金が気になる方はお電話でお問い合わせしていただければと思います。

通話料無料なので一度相談してみるのもいいでしょう。

予算があるようでしたら、正直に伝えて予算に合ったプランを選択しましょう。

 

 

ペット葬儀の流れは?

ペット葬儀の申し込みから代金お支払いまでの流れを簡単に紹介します。

step
1
無料ご相談

ペットが亡くなると悲しみやパニックからどうしたらいいか分からなくなる方が多いので、まずは電話して相談をしましょう。
ペット葬儀

step
2
お見積もり

火葬プランなどから料金を見積もってもらいます。見積もりは無料ですので、もし予算を超えてしまった時は一旦考える時間を作るといいでしょう。

step
3
ご検討

料金が予算内だとしてもご家族でお住まいでしたら、家族会議をして相談する機会を設けましょう。

step
4
お迎えの日

お客様のご希望のお引き取り日や火葬日をお伝えして、都合の良い日時にお迎えに来てもらいましょう。

step
5
プロのスタッフが訪問

ご自宅またはご指定の場所にペット葬儀のスタッフが来てくれます。大切なペットを懇切丁寧に扱ってくれるので、安心して依頼することができます。

step
6
お支払い

葬儀が終了したら料金をお支払いして終了となります。

パンチ猫
ペット葬儀は最初から最後までお客様の気持ちを汲み取って対応してくれるから信頼できるよ!

まとめ

愛猫が亡くなってしまった時は土葬か火葬をして最後のお別れをしてあげましょう。

土葬

・自宅の敷地内に50cm以上の穴を掘って、タオルに包んで埋めましょう
・公共の敷地内や他人の土地には絶対埋めてはいけません

火葬

ペット葬儀を利用しましょう

人の死と同じぐらい愛猫の死は辛く、最初は受け入れることすらできないかもしれません。

愛猫と過ごした楽しい時間を思い出すと涙が出てくるでしょう。

しかし、悲しみを我慢することはせず、思う存分泣いていただいて構いません。

きっと泣いているあなたを天国から見ている愛猫ちゃんは喜んでいるはずです。

家族の一人として大事に育ててきた愛猫が死ぬのは辛いですが、優しいあなたのもとで生活できたことは愛猫にとっては幸せだったに違いありません。

今は泣いていても最後は笑って見送ってあげるのもいいかもしれませんね。

以上、最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

-ペット葬儀

Copyright© 猫孝行 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.