新着記事

キャットフード

2020/1/18

高品質の総合栄養食キャットフード「モグニャン」が栄養たっぷり!

・ドライフードを全然食べてくれない ・添加物だらけのエサは健康が心配 ・健康的だけでなく美味しいキャットフードを愛猫に食べさせてあげたい ・どのフードが健康に良いのか分からない と悩んでいる愛猫家に向けて今回は本記事を書いていきます。 飼い主は可愛い愛猫が少しでも健康でいてもらえたら嬉しいと考えていると思います。 いくら食いつきが良くても添加物まみれの低品質なキャットフードを食べさせたくないはずです。 しかし、健康的なキャットフードは猫の食いつきが悪いことが多く、せっかく買っても全く食べてくれず無駄になっ ...

続きを読む

猫の健康

2020/1/16

子猫・成猫・高齢猫に1日で与えるエサの適量は?食べ過ぎは肥満の元!

猫を飼っている人で「1日でどのくらいのエサを与えたらいいの?」と分からず、とりあえずエサを与えてる人もいるでしょう。 「猫がエサを欲しがってるから満足するまであげればいいんだよ!」と考える人もいるかもしれませんが、適量以上のエサを与えると肥満の原因となってしまいます。 肥満になると運動量が減って、さらに太る恐れがあり、糖尿病や高血圧などの病気に繋がるリスクが高まります。 太った猫が可愛いと思う気持ちも分かりますが、猫の健康を一番に考えるのが飼い主の最低限の仕事だと思います。 これは賛否両論あると思いますが ...

続きを読む

猫の健康

2020/1/15

猫が便秘になったらどう対策するべき?便秘解消方法を5つ紹介!

本記事のタイトルを見て「猫も便秘になるの?」と驚いてる人もいるかもしれませんが、猫も食生活によって便秘になることはあります。 運動不足、ストレス、偏食、食べ過ぎなど様々な原因から便秘になる可能性があります。 便秘の目安として二日以上ウンチが出ない状態が続いたら便秘と考えていいでしょう。 便秘が続くと苦しいので一日でも早く解消できるよう飼い主がサポートしてあげましょう。 しかし、どのような対策をしたら便秘を解消できるのか分からない人が多いと思います。 そこで今回は猫が便秘になった時のために、解消方法を5つ紹 ...

続きを読む

猫の健康

2020/1/15

猫が化粧品をなめたけど大丈夫?今すぐ取るべき正しい対処方法は?

猫が家にある化粧品をなめたり、人間が飲む薬を誤飲してしまうと猫の体は大丈夫なのか心配になると思います。 「少しぐらいだったら問題ないのでは?」と考える人も多いでしょう。 今回は化粧品などを誤飲しても大丈夫なのかについてや、正しい対処方法を解説していきます。 猫が健康でいてほしい人は最後まで読んでいただけると嬉しいです。 化粧品をなめても大丈夫? 結論から申し上げると猫が化粧品をなめるのは危険です。 化粧品には油分が含まれているので、猫は好んで化粧品をなめることがあります。 しかし、化粧品には必ず「本品は食 ...

続きを読む

猫の習性

2020/1/15

猫がパソコンや家電製品の上や近くで身を寄せ寝ているのはなぜ?

「あれ?猫がいない!」と思って周りを見渡すと、なぜかパソコンや家電製品に身を寄せてうたた寝していることがあります。 飼い主としては、わざわざ寝床を用意しているのに「なぜ、そんなところにいるの?」と不思議がってしまうと思います。 また、パソコンで作業をしていると近寄ってきて構ってほしいのか邪魔してくることがあると思います。 そのわりに相手にしてあげようとすると、そっぱを向いてどっかに行ってしまい猫の気持ちが分からずモヤモヤした経験は一度はあるでしょう。 しかし、猫は理由があってパソコンや家電製品の近くにいく ...

続きを読む

おすすめのキャットフード検索

パンチ猫
条件検索とフリーワード検索の2パターンできるから、タブを切り替えて自由に検索してね!
条件検索フリーワード検索
猫の年齢
値段(1kgあたり)
フードタイプ
種類
フリーワード入力



食事(キャットフード)は健康・寿命に影響する

人間だけでなく、猫も食事によって大きく健康・寿命に影響します。

そのため、キャットフード選びというのは慎重にすることが非常に重要となります。

キャットフードに大した差はないだろうと考えてる飼い主も多いですが、それは大間違いです。

猫の平均寿命は約15年ほどと言われていますが、ここ数年でキャットフードの質が高まってきたこともあり、猫の平均寿命が徐々に伸びてきていると言われます。

安いからといって添加物・着色料・香料が入ったキャットフードを与えていては、猫の健康状態に関わり、ひいては寿命を縮めているリスクがあることを考えましょう。

猫の健康を一番に考えてあげるのは飼い主としては当然のことです。

添加物・着色料・香料の入っていないキャットフードを選び食事の質をあげるだけで、猫が健康な生活を歩める可能性は高くなります。

猫は人間と違って自分で健康管理ができませんし、デリケートな体をしてます。

体の調子が悪かったとしても一人で病院に行くこともできないので、飼い主が責任をもって体調管理を徹底してあげることが大事です。

もし、キャットフードをなんとなくで選んでいるようでしたら、今日から猫の健康を第一に考えて安全なキャットフードを選ぶようにしてあげてください。

あなたの飼っている猫が一日でも長生きすることは、あなただけでなく猫にとっても幸せなことだと思うのでよろしくお願いします。

パンチ猫
飼い主と長く一緒にいたいからよろしくね!

高級感あるパッケージに騙されないように

最近のキャットフードは高級感のあるパッケージで、購入意欲をかき立てるものが多くなってきました。

飼い主としては「良い物を猫に食べさせてあげたい」という思いから、そのような一見プレミアム感のあるキャットフードを購入する傾向にあります。

しかし、大事なのはパッケージではなく中身です。

高級感のあるパッケージは、原材料も身体に良い物だけがあるような気がしますが、実は添加物まみれだったり、原材料が廉価なものばかりということも珍しくありません。

キャットフードを選ぶときはパッケージに気を取られることなく、添加物が入っていないかなど、原材料・成分に注目することを心掛けましょう。

パンチ猫
なんで、パッケージを豪華にしてるの?

それは企業側が商品を売りたいからです。

いわば、パッケージは第一印象です。

パッケージはお客さんが最初に目にするところなので、とても気を使っています。

パッケージに興味を持ってくれないとお客さんが商品を手にしてくれないので、企業はデザインにお金をかけています。

最近は犬より猫をペットにする飼い主が増えたこともあり、キャットフードの需要は増えてきています。

企業もそれだけキャットフードには力を入れているのですが、競合他社に負けないために、パッケージのデザインからこだわるようになっています。

決して企業も騙そうとしてパッケージを派手にしてるわけではなく、企業同士の争いを制するための手段の一つです。

パンチ猫
猫のためにもパッケージ以外の部分に着目するようにしてね!

猫の年齢に合ったキャットフードを選ぶべき理由

添加物が入っていないキャットフードを選んだからOKではありません。

そのキャットフードは、猫の年齢に合った食事なのかを確認しましょう。

猫の年齢

・子猫(1歳未満)
・成猫(1歳以上7歳未満)
・老猫(7歳以上)
・老猫(10歳以上)

大まかですが、上記の年齢でキャットフード選びが変わってきます。

お店には様々なキャットフードが売っていますが、パッケージを見ると「1歳以上」「7歳以上」など対象年齢が書いてあるキャットフードが多いです。

パンチ猫
なんで、年齢でキャットフードが変わるの?

猫も人間と同じように年齢を重ねると運動量が減っていきます。

成猫の頃は家の中を走り回っていても、老猫になって体力が減り動くことが少なくなるのは当然のことです。

それなのにも関わらず、運動力が多かった時と同じように餌を与えてしまうと、肥満の原因になりかねません。

猫は適正体重の20%を超えると肥満と診断され、実は飼い猫の2〜3割は肥満と言われています。

肥満は病気にも繋がりますし、健康・寿命にも関わることなので肥満にならないように気をつけましょう。

もし、今肥満気味だとしたら放置するのはやめてあげましょう。

定期的に体重を測ってあげることと、年に1回健康診断に連れて行ってあげることで、飼い主自身が猫の健康に対して積極的に考えてあげられるようになります。

体重計はペット用のものもありますが、おすすめは「吊り下げ式のラゲッジ チェッカー」です。

本来は、重量制限のある飛行機などに持ち込む荷物を測る道具(超過料金を取られないため)なのですが、猫の体重を測るのに凄く便利です。

レビューを見ると分かりますが、猫の体重を測る目的で購入してる方もいます。

2件レビューを抜粋したのでご覧ください。

猫の体重を計りたくて購入。フックにエコバッグをかけて口を開ければ勝手に入るしおとなしくなるので数字も安定。重宝してます。

荷物を簡単に計れて便利ですが,大きなスーツケース入りの20数キロを持ち上げるのが大変。両手でやっと持ち上げましたが筋肉痛になりました。ほかの使い道として猫達を手つきのネットに入れて計れます。体重管理に便利です。

普通の体重計だと猫が動いてしまいますが、吊り下げ式のラゲッジ チェッカーならエコバッグ・洗濯ネットに猫を入れれば、簡単に体重を測ることができるので重宝します。

体重測定に苦労して悩んでる方はぜひ試してください。

人間の食べ物を猫に与えても大丈夫?

猫は人間が食べているご飯に興味を持って分けて欲しそうな顔をして寄ってきます。

その顔が可愛くておもわずあげたくなる気持ちは痛いほど分かりますが、猫の健康を考えてあげるとキャットフード以外は食べさせてはいけません。

昔は飼い猫に残り物のご飯を分け与える家庭は多かったです。

今に比べて猫の寿命が短かったのも、人間の食べ物を食べたことによる塩分過多・栄養バランスの偏りが影響と言えます。

人間にとって健康な食べ物も猫にとっては毒となることもあるので、安易に与えないようにしてください。

その反面キャットフードは栄養バランスを入念に考えて作られているので、猫の寿命を伸ばすことに役立っています。

猫にあげてはいけない食べ物として有名なのが

猫に与えちゃダメ!

・味噌汁 → 塩分過多

・青魚 → 黄色脂肪症(イエローファット)になる
黄色脂肪症とは、栄養の偏りで、お腹や胸などの脂肪が性質を変え、その部分に硬いしこりや炎症が生じる病気のことです。

・玉ねぎ → 貧血を起こす

・レバー → ビタミンA過剰症で関節異常や繁殖機能が低下する

・チョコレート → 心臓や呼吸などに悪影響を及ぼし、死の原因となる

このような食品があります。

私としては一律人間の食べ物は与えないとすることが一番だと考えています。

これには健康面を考えている理由以外にもう二つあります。

一つ目は一度与えてしまうと、またねだれば貰えると猫が勘違いし、なんでも欲しがるようになってしまうからです。

味をしめると盗み食いをしたり、生ゴミをあさって食べようとすることもありえるので、人間の食べ物を分け与えるのは絶対やめましょう。

二つ目は与えてはいけない食品を誤って食べさせてしまうリスクを避けるためです。

猫がかわいそうと思う方もいるかもしれもせんが、分け与えたことで猫の寿命が縮まったら取り返しがつきません。

それより、専門家が栄養バランスを考えて作られたキャットフードを食べさせるほうが確実に猫のためになります。

もし人間の食べ物を食べようとしたら、甘やかすよりもしっかり注意してあげることがいいでしょう。

高品質の無添加おすすめキャットフードTOP3

「猫に質の良い食事させてあげたい」と考えている方に少し値は張りますが、高品質のおすすめキャットフードTOP3を紹介します。

このランキングは「総合栄養食のドライフード」になります。

猫が健康でいられるよう研究して作られたペットフードなので喜んで食べくれるでしょう。

1位 プレミアムキャットフード『モグニャン』

モグニャンの特徴

・獣医師の90%が「食べさせたい」と回答
・90%以上がリピートしたい回答
・白身魚63%以上
・グレインフリー(穀物不使用)
・着色料・香料不使用
・猫にとって不要なものを極力のぞいてる

2位 シンプリーキャットフード

シンプリーキャットフードの特徴

・全世界累計100万袋以上
・高タンパク
・グレインフリー(穀物不使用)
・着色料・香料不使用
・猫の食欲をかき立てる厳選食材
・偏食の猫でも食べてくれやすい

3位 HAPPY CAT

HAPPY CATの特徴

・ペット先進国ドイツでプレミアムフード売上No.1
・高タンパク
・グレインフリー(穀物不使用)
・着色料・香料不使用
・原材料の80%以上は地元契約農家から新鮮なものを直接仕入れ

猫が食べやすい容器の形にしてあげよう

健康のためにキャットフードを選んであげるだけでなく、猫が食べやすい容器にしてあげましょう。

キャットフードには、大きく分けてドライフードウエットフードの2種類があります。

猫は舌を器用にスプーンのようにしてフードをすくって口の中に入れて、頭を上下に振りながら口の奥へと運んでいきます。

そのため、ドライフードは容器の側面が傾斜になっているほうが、フードが真ん中に集まるため食べやすくなります。

ウエットフードは容器の縁が外に開いていないほうが舐めて取りやすくなります。

容器一つでも意識してあげることで猫がストレスなく食事をできるので、フードタイプに合わせて容器を入れ替えましょう。

猫を大切に飼ってあげよう

猫はあなたのことが大好きです。

だからこそ、あなたも猫のことを想ってあげて、健康に関わる食事に気を使ってあげたり、体を撫でてあげたり、猫に精一杯の愛情を捧げましょう。

猫は気分屋なところがあり「私のことが嫌いなのかな?」と不安になる時もあるかもしれませんが、そんなことは決してありません。

時にはそっぽを向いたりすることもありますが、遊んでほしそうな時は相手にしてあげてください。

2017年頃の研究では、オモチャで遊ぶよりも人と触れ合うことを好むといった結果もでています。

家で長期間一人ぼっちにしたりするとビクビクしてしまい、ストレスを溜めてしまう生き物なので、なるべく一緒にいてあげるようにしてください。

愛情を注いでくれると猫も嬉しく、あなたも癒されることばかりなので、お互いの幸せのために大切に育ててあげましょう。

Copyright© 猫孝行 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.